お問い合わせ

サイトのご利用について

サイトマップ

協会について

お知らせ

会員企業紹介

リンク

製薬を通じて暮らしと健康を支える 和歌山県製薬協会です。

ホーム > お知らせ > 大日本除虫菊(株)が保有する資料が、「化学遺産」に認定

大日本除虫菊(株)が保有する資料が、「化学遺産」に認定

2017.03.23

「日本における殺虫剤産業の発祥を示す資料」化学遺産に認定。


大日本除虫菊(株)(本社:大阪市西区、社長:上山直英)が保有する、
「日本における殺虫剤産業の発祥を示す資料」がこの度、公益社団法人日本化学会により
「化学遺産」として認定されました。

「化学遺産」とは、公益社団法人日本化学会 化学遺産委員会が、日本の化学分野の
歴史資料の中でも特に貴重な資料を遺産として認定したもので、これらの資料を次世代に
受け継いでいくと共に、化学分野の技術と教育の向上・発展に寄与することを目的としています。

<認定内容詳細>
◆ 認定化学遺産 第041号
◆ 認定対象:【日本における殺虫剤産業の発祥を示す資料
         -世界初の蚊取線香を含む除虫菊ゆかりの資料-】
◆ 内容
  ①除虫菊栽培書
  ②棒状蚊取り線香「金鳥香」
  ③渦巻型蚊取り線香「金鳥の渦巻」
  ④渦巻型蚊取り線香 試作木型
  ⑤機械式 手巻き用線香押し出し機
  ⑥エアゾール殺虫剤
  ⑦ピレトリン類のアルコール部分の立体構造解明に関わる実験ノート